日立空気清浄機「EP-HZ30」

EP-HZ30は、日立から2012年10月20日に発売となる新型(マイナーチェンジ)の空気清浄機です。これは〜15畳を適用床面積とする小型機で、卓上用ということになります。

特徴としては、安い機種ではよくある話ですが、ニオイセンサーはあっても、ホコリセンサーはありません。そして、安価な割には、これにはそれを生かした(?) "脱臭モード" というモードも付いていますが、これは標準より早くターボモードに移行するというモードです。

また、フィルター交換の必要の目安が、2年ごととなっています。…あまり使わなければ、もっともつはずですが。そして、そのフィルターですが、従来型がずっとそうだったことから見て、ネットの最安値でも4,000円程します。この本体は1万円以下で買えるようになりますので、その約半分の価格となっています(安価な機種でフィルター価格が妙に高くなるのは、どこでも似たような物ですが・・・)

あとは、安い製品なのに、不思議とリモコンが付属しています。テレビ音声が聞き取れない時なんかに、ちょっと消したりするのでしょうか? よくは分かりませんが、ないよりはあった方が良い気はします。

この「EP-HZ30」には、前年度型として「EP-GZ30」がありますが、違いとしては、

  • メインフィルターである集塵・脱臭一体型フィルターの「アレルオフ・カテキン脱臭フィルター」が、単なる「アレルオフフィルター」に変更
  • 「花粉モード」が「ひかえめモード」に変更
  • 「ニオイモード」が「脱臭モード」に名称変更

…ということになります。 "花粉モード" というのは、強運転と弱運転を一定間隔(20分程度)で繰り返すというような物で、ないよりはあった方が良い気もしますが、あまり意味がないのか、なくなってしまいました。フィルターからも、脱臭力のあるカテキンの名前が消えていますので、若干脱臭性能が落ちたのではないかと心配です。…あとは、スペックとして表れる数値としては全くの同一です。
(⇒前年度型「EP-GZ30」)


色:ホワイト(W)のみ

 楽天市場Yahoo!ショッピングamazon
価格《最安値》RakutenYahoo!amazon
評価・口コミ感想(_件)レビュー_件☆レビュー

価格は変動します。時価は必ずリンク先にてご確認下さい。

運転モード
(50Hz/60Hz)
ターボ
風量(m³/分)3.2/3.31.5/1.20.7/0.5
消費電力(W)38W/41W22W/20W16W/14W
運転音(dB)46/49dB31/26dB19/17dB
タイプ卓上用
空気清浄適用床面積〜15畳(〜25m²)
清浄時間(8畳にて統一)約18分
イオン×
気流制御 ― ― ―
センサーニオイ
フィルタープレフィルター / アレルオフフィルター
フィルター交換不要期間交換不要 / 約2年
(仕切り線は上の欄に対応)
運転モード手動3段階切替 / 自動運転 / 脱臭 / ひかえめモード
タイマー〇(2時間)
チャイルドロック×
インバーター×
質量(kg)4.0kg
外形寸法(cm)幅40.0cm×奥行13.3cm×高さ42.4cm
備考リモコン付

  交換用フィルター「EPF-HZ30F」

定価:5,250円 | 交換の目安:約2年 | お手入れの目安:プレフィルター部を1ヶ月に1度

 楽天市場Yahoo!ショッピングamazon
価格《最安値》4,134円(送料別)〜4,000円(送料別)〜― ― ―

価格は変動します。時価は必ずリンク先にてご確認下さい。


関連リンク:

EP-HZ30:日立空気清浄機公式サイト