シャープ・プラズマクラスター空気清浄機「FU-A51」

FU-A51は、シャープ社から2011年11月15日に発売となった空気清浄機です。約〜24畳を適用床面積とする中型機となっています。

この機種の特徴としては、まず、CMで有名なプラズマクラスターイオンを発生させる機能を搭載していることが挙げられます。ただ、空気清浄の適用床面積に比べてイオンの適用床面積は狭いので注意が必要です。

また、高性能なHEPAフィルターを装着していることと、他メーカーの同クラスの空気清浄機と比べると、実は消費電力が3分の2程度でしかない(非加湿の空気清浄機に限定)ということが挙げられます。

逆にこの機種の短所としては、吸気が背面吸込ですので、やはり壁から距離を取らなければならないでしょう。推奨値は30cmで(ただし他メーカーも同程度)、この機種からは最低でも3cmと言われ始めましたが、3cmで本当に十分な吸引を行えるかは疑問です。また、近いとその周囲の壁が吸い寄せるチリで汚れるはずですので、一応注意が必要です。

また、この機種には、チャイルドロックと切タイマーがありません。…必要ない人には必要ないのですが、チャイルドロック位はあった方が良い気がします。

これは前年度型(2011年2月発売の2010年度型)FU-Z51CXからのマイナーチェンジ品となりますが、違いはほぼなく、メインフィルターである集塵フィルターが "抗ウィルス&抗アレル物質&制菌 HEPAフィルター" という盛沢山の名前(機能)のものから、普通の "HEPAフィルター" にダウングレードされています。フィルター単体の型番も変わり、その定価は5,250円だったものが4,725円に下がっていますので、確かに別物と思われます。

ではこのFU-A51が何なのかと言えば、従来加湿空気清浄機は9月に、そして非加湿の空気清浄機は2月にモデル/マイナーチェンジをしていたので、加湿型の方に時期を合わせ、また型番のアルファベットの、加湿型との半年のズレを修正した物と思われます。
(⇒前年度型「FU-Z51CX」/後継機種「FU-B51」)


FU-A51-W(ホワイト系)

色:ホワイト系(W)のみ

 楽天市場Yahoo!ショッピングamazon
価格《最安値》RakutenYahoo!amazon
評価・口コミ感想(_件)レビュー_件☆レビュー

価格は変動します。時価は必ずリンク先にてご確認下さい。

運転モード「強」「中」「弱」
風量(1m³/分)5.12.91.0
消費電力(W)39W10W2.5W
運転音(dB)52dB40dB16dB
一時間当たりの電気代約0.86円約0.22円約0.06円
空気清浄適用床面積〜24畳
清浄時間(8畳にて統一)約12分
プラズマクラスター適用床面積〜14畳
プラズマクラスター性能高濃度(7000個/1cm³)
気流制御後方斜め20°気流
センサーホコリ&ニオイセンサー
フィルターHEPAフィルター / 洗える脱臭フィルター
フィルター交換不要期間
(仕切り線は上の欄に対応)
約10年 / 交換不要
運転モード自動運転 / 手動3段切替 / シャワー運転
タイマー×
チャイルドロック×
インバーター
質量(kg)約5.2kg
外形寸法(cm)幅35.6cm×奥行18.0cm×高さ52.0cm

  交換用集塵(HEPA)フィルター「FZ-A51HF」

定価:4,725円|交換の目安:約10年間|お手入れの目安:プレフィルター部分を1ヶ月に1度(これ自体は時々)

 楽天市場Yahoo!ショッピングamazon
価格《最安値》3,612円(送料別)〜3,700円(送料別)〜amazon

価格は変動します。時価は必ずリンク先にてご確認下さい。


 洗える脱臭フィルター「280-337-0203」

定価:3,675円|交換の目安:原則交換不要|お手入れの目安:ニオイが取れにくい時

 楽天市場Yahoo!ショッピングamazon
価格《最安値》3,452円(送料別)〜3,400円(送料別)〜― ― ―

価格は変動します。時価は必ずリンク先にてご確認下さい。


関連リンク:

FU-A51 | 空気清浄機:シャープ公式サイト