イオン発生機比較

メーカー別の特徴

イオン専用発生機は、国内王手家電メーカーだと、現在シャープ、サンヨー、パナソニックの三社から発売されています。

その特徴を簡単にまとめてみますと、

シャープ
プラズマクラスターイオン
サンヨー
ウィルスウォッシャー
パナソニック
ナノイー
効果〇〇
性能の安定性〇〇
給水の必要不要必要不要
ユニット交換(有償)必要(数年に一度)不要不要
[宣伝]〇〇〇〇〇

こんな感じとなります。

つまり、高い性能を維持するために、シャープではイオン発生装置(放電部)の有償での交換が、そしてサンヨーでは給水が必要となります。

(シャープは空気清浄機加湿空気清浄機(最上位シリーズを除く)であれば、イオン発生装置の交換の必要はありません。しかし、その代りに性能が下がり、また、空気清浄有効面積に比べてイオン有効面積が狭いという問題が生じます)

パナソニックでは、性能がそれ程ではない代わりに、面倒が一切ありません。

ただ、パナソニックのナノイーは、以前から美肌効果を謳っていまして、最近ではシャープも追随しています。なので、美肌効果の点ではナノイーが一番なのかもしれません。

また、イオン発生機とは呼ばれていませんが、富士通ゼネラル製の脱臭器のシリーズは、イオン発生機に紫外線ランプによる除菌・脱臭機能を足したものであり、ほぼイオン発生機です。

尚、これら以外の有名家電メーカーでもイオンを扱うことはありますが、イオン専用発生機がないのは、それ単独で商品価値が生じる程の性能が出ないのだと思います。


空気清浄機との違い

イオン発生機にもフィルターが付いていますが、それは本体内にホコリが侵入するのを防ぐ目的であり、つまり、エアコンについているものと同じのはずです。そして、エアコンにフィルターがあるからと言って、空気清浄機能があるとは普通言いません。なので、イオン発生機には、普通に言うところの空気清浄機能はないということになると思います。

ではイオン発生機にはどんな性能・効果があるかと言えば、ニオイやアレルギー性物質(アレル物質。花粉を含む)、菌、ウィルス等を抑制することが出来ます。

空気清浄機をお求めの方は、大抵タバコ・ペット等へのニオイ対策であるか、花粉症対策であるかだと思いますので、一応そういった要望はクリアしています。

しかし、イオンには即効性がないので、メインとして使用するには少し無理があります。

また、当然ですが、イオン放出にプラスし、高性能フィルターによる空気の濾過(ろか)も同時に行った方が良いです。なので、イオン発生機能も持った(加湿)空気清浄機を買うのが、こういった機器の買い方の基本となります。


専用発生機の必要性

では、どういった方がイオン専用発生機を買うのかと言えば、はっきりとは分かりませんが、ニオイ対策で、かつ空気清浄機のような大きなものはいらない、という場合のような気がします。

当然ですが、イオン発生機能のある空気清浄機があれば、専用発生機は(同じ部屋には)特に必要ありません。ただ、シャープは両方買って欲しがっているようですが。(笑)


関連サイト:

イオン発生機・脱臭器ランキング(amazon)