シャープ冷風除湿機「CV-B100」

CV-B100は、2012年3月10日にシャープから発売となった、プラズマクラスターイオン発生装置付きの冷風除湿機(除湿乾燥機)です。

これは冷風と書いてあるだけあって、スポットクーラーとしての使用が可能です。しかし、スポットクーラーは、涼しいのは風が当たる部分だけで、室温自体は上がるので、注意と覚悟が必要です。

この製品独自の注意点としては、排水タンクの容量が1.8Lで、他メーカー製の同等機種の6割程度しかないのが挙げられます。

また、実は、この機種には衣類乾燥用のハイパーモードがありません。なので、衣類乾燥時間の最速時間に関しては、パナソニック製と比べるとかなり劣ります。

この前年度型として「CV-A100」がありますが、違いとしては、

  • プラズマクラスターイオン単独運転モード(除湿なし)の追加
  • 使用可能温度が「5℃〜40℃」⇒「3℃〜38℃」と低温側に振った設定に変更
  • 衣類乾燥時間が85分⇒80分に改善
  • プラズマクラスター適用床面積が12畳⇒14畳に増加

…ということになるようです。

使用可能温度の変更に関しては、寒い季節に使いやすくなっています。また、衣類乾燥時間とイオンの適用床面積が増したということは、風量がアップしたはずです(コンプレッサーの性能が変わった訳ではないので、除湿適用床面積は変わらないようです)

新設のイオン単独運転モードは、消費電力から見て、恐らく "強モード" 限定です。焼肉を食べた後等には良いかもしれませんが、普段からスイッチを入れっ放しにしておくのは無理でしょう。…もったいないですね。

この「CV-B100」は・・・正直良いのはシャープ製といった部分だけ、という感じがしなくもないです。来年あたり、大きなモデルチェンジがあるのではないでしょうか。
(⇒前年度型「CV-A100」/後継機種「CV-C100」)


色:ホワイト系(W)、ブラック系(B)

 楽天市場Yahoo!ショッピングamazon
価格《最安値》RakutenYahoo!amazon
評価・口コミ感想(_件)レビュー_件☆レビュー

価格は変動します。時価は必ずリンク先にてご確認下さい。

運転モードしずかイオン単独
風量(m³/分)未記載未記載未記載
消費電力(W):60Hz
      :50Hz
290W(最大305W)
250W(最大260W)
48W
41W
電気代(円/時):60Hz
      :50Hz
約6.4円
約5.5円
不明
運転音(dB)47dB37dB不明
除湿タイプコンプレッサー式
除湿可能面積:60Hz
      :50Hz
25(鉄筋)〜13畳(木造)
23(鉄筋)〜11畳(木造)
衣類乾燥時間80(85)
除湿能力(L/日):60Hz
       :50Hz
10L/日
9L/日
プラズマクラスター機能〇(高濃度版 7,000個/1cm³)
プラズマクラスター
適用床面積
14(12)畳(20m²)
排水タンク容量1.8L
フィルター交換原則不要
タイマー2、4時間
チャイルドロック×
連続排水×
冷風機能
使用可能温度3℃〜38℃(5℃〜40℃)
キャスター(車輪)(横方向のみ)
質量(kg)約12.8kg
外形寸法(cm)幅37.2cm×奥行23.5cm×高さ56.0cm

オレンジ色の部分は前年度型「CV-A100」の数値です。


関連リンク:

CV-B100-W|シャープ公式サイト