RAD-P63(W)

東芝除湿機「RAD-P63」

RAD-P63は東芝の販売するコンプレッサー式除湿機の中で、もっとも小型の機種となります。約〜16畳を適用床面積としています。

特徴としては、除水タンクを使わず、ホースをつないで水を外に出す連続排水が可能なことと、比較的強力な脱臭フィルターが付いていることが挙げられます。ただ、その脱臭フィルターは、能力が高いためにか、1〜2年に一度の交換が必要とされます(東芝は代々そうです)

また、この機種では、使用可能温度が平均的な除湿機のように1℃からではなく、5℃からとされています。なので、勿論コンプレッサー式自体冬場は厳しいのですが、冬場には期待しない方が良いかもしれません。

この「RAD-P63」には前年度型として「RAD-63DFX」があるのですが、違いとしては、まずオートルーバー(送風口にある風向を決める板)の数が2枚に増えて、風向制御の性能が向上しています。しかし、何故か下方向への風の吹き出しモードがなくなっています。

そして、室内除湿時の運転音が静かになっています。また、衣類乾燥時には、消費電力が下がっています。

ただ、"もうい〜快衣類乾燥" という、温度と湿度のWセンサーで乾いた頃に自動ストップ!という割に衣類乾燥時間の基準がよく分からない、性能の曖昧な機能があったのですが、これがなくなっています(約8時間で自動停止と書いてあった)。しかし、温湿度のセンサーで除湿と送風を切り替えつつ乾かし、自動で停止する(こちらでは約7時間) "ecoモード" が追加されているので、名前が変わったようです。

この「RAD-P63」は、小型ですが、安くてオートルーバー(風向自動制御)があって、更に一応衣類乾燥時自動停止もある機種として、もしかしたら、良いかもしれません。

色:ホワイト(W)のみ

 楽天市場Yahoo!ショッピングamazon
価格《最安値》RakutenYahoo!amazon
評価・口コミ感想(_件)レビュー_件☆レビュー

価格は変動します。時価は必ずリンク先にてご確認下さい。

オレンジ色の部分は前年度型「RAD-N63」の数値です。

自動除湿(50Hz/60Hz)
運転モード標準(強)弱連続(弱)
風量(m³/分) ― ― ― ― ― ―
消費電力(W) ― ― ― ― ― ―
運転音(dB)38/38dB(43/43dB)35/35dB(39/39dB)
衣類乾燥(50Hz/60Hz)
運転モード連続(強)標準(弱)
風量(m³/分) ― ― ― ― ― ―
消費電力(注)180W/190W(195/215W)
電気代の目安/1時間4.0/4.2円
運転音(dB)43/43dB43/43dB(39/39dB)

注)室温27度・湿度60%を維持する場合という条件下の数値

除湿方式コンプレッサー
除湿可能面積   :60Hz
         :50Hz
(コンクリート/木造)
16/8畳
14/7畳
衣類乾燥時間不明
除湿能力(L/日):60Hz
       :50Hz
6.3L/日
5.6L/日
排水タンク容量3.0L
イオン発生機能×
衣類乾燥完了時自動停止△(時間がかかる)
ルーバー(送風口)自動スイング3段階オート(4段階オート)
冷風機能×
連続排水
(市販のホースを使用)
可能
使用可能温度5℃〜40℃
質量(kg)約9.1kg(約9.3kg)
外形寸法(cm)幅34.0cm×奥行19.0cm×高さ51.0cm
(幅38.5cm×奥行17.4cm×高さ52.8cm)
備考内部乾燥モード有

  交換用フィルター「RAD-F013」

定価:2,100円 | 交換の目安:1〜2年

 楽天市場Yahoo!ショッピングamazon
価格《最安値》1,680円(送料別)〜1,680円(送料別)〜amazon

価格は変動します。時価は必ずリンク先にてご確認下さい。


関連リンク:

RAD-P63|東芝公式サイト